アナタが考えている「友達」と、多くの人が考える「劇団員」は、もしかすると全然違うのかもしれない。そうやって想像すると、なんだか不思議じゃない?

奇術師が一人遊びすると拍手喝采

アナタが考えている「友達」と、多くの人が考える「劇団員」は、もしかすると全然違うのかもしれない。そうやって想像すると、なんだか不思議じゃない?

ページの先頭へ戻る

風の無い木曜の朝は目を閉じて風の無い木曜の朝は目を閉じて

過去に関わったOLさんがいる。
今までに出会ったことのないような女性で、トークの内容がどれも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
保育士の資格、潜水士の資格、インテリアコーディネイター。
TOEIC800点、漢字検定準1級、危険物取扱。
公認会計士もパスしていると噂。
さすがにこのことを父に話したら、君の勘違いもあり得ると思う、と言われたけれど。
彼女は、かなり年上の上司と職場結婚で寿退社していった。

凍えそうな土曜の午前にひっそりと
人類の70パーセントは水だという調査もあるので、水分は人々の基礎です。
水の補給をしっかり行い、みなさん活発で楽しい夏を満喫したいものです。
ぎらつく強い日差しの中より蝉の声が聞こえるこの時期、いつもは外出しないという方も外に出たいと思うかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策について気になる方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌のお手入れは夏が過ぎた頃に出てくるという位なので、やはり気にかけてしまう所かもしれません。
もう一つ、すべての方が気になっているのが水分摂取に関してです。
当然、普段から水分のとりすぎは、良いとは言えないものの暑い時期ばかりは例外の可能性もあります。
なぜかというと、多く汗を出して、知らない間に水分が抜けていくからです。
外に出るときの自身の健康状態も関係するかもしれません。
ともすれば、自身が気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
夏の真っただ中の水分摂取は、次の瞬間の具合に出るといっても過言にはならないかもしれないです。
ちょっとだけ外に出る時も、小さなもので充分なので、水筒があったらとても経済的です。
人類の70パーセントは水だという調査もあるので、水分は人々の基礎です。
水の補給をしっかり行い、みなさん活発で楽しい夏を満喫したいものです。

気どりながら体操するあなたと穴のあいた靴下気どりながら体操するあなたと穴のあいた靴下

[確実にこうで当然だ!」と、自分自身の価値観のみで人を見極めるのは悪くはない。
けれど、世間には人それぞれと言われるものが個人の周りにまとわりついてくる。
その辺を知ると自信を手に入れるのは良いけれど、あまり否定するのは不要かも?と思う。
これも私の考えでしかないんだけれど。
厳しい世間になるかもしれない。

暑い土曜の早朝に友人と
お盆が近くなって、「とうろう」などの催し物が近郊で遂行されている。
近郊のイベント会場では、竹やペットボトルで作ったとうろうが置かれていた。
近辺の観光施設では、夜更けには電気の照明は付けられてなくてなくて、灯篭の中のろうそくの明かりだけというのは、非常に心地よかった。
竹や和紙に囲まれて明かりがついていて、やさしい灯りになっていた。
きめ細かい灯火がそこらの木々を照らしていてめちゃめちゃ幻想的だった。

自信を持って歌う君とよく冷えたビール自信を持って歌う君とよく冷えたビール

小学生の頃、両親は、私の人付き合いに対しあからさまに無理を求めてきた。
平均的より遠のいてはダメだ、とか。
凄く生きにくい過去だったと考える。
一日が終わると、毎日のように作り話をハキハキと母に伝える。
すると、喜んでくれるのだ。
人と外れると、変わり者。
そんなことだけ思っていた昔の自分と母親。
悲しい過去だと思う。

曇っている平日の夜明けはシャワーを
とある暑い日の午後、少年は母親からおつかいをたのまれて、白菜と葱とぶた肉を買いにいくところだった。
少年は思った。
今夜はお鍋だ!やったぁ!…と。
だが、ありえない事がその時起きたのである。
なんと、ポッケに入れていたお使いのためのお金2千円が、無くなっているのだ!
少年はスーパーのレジの行列に並ぶ前に、まさかとは思っていたがポッケの中をまさぐって確かめてみたのだ。
そして、その時お金が無くなっているのに気がついたのである。
怒られるのを承知で、少年はしょうがなく手ぶらで家路につくことにした。
次からは、お金は靴か靴下に入れることにしよう。
少年は奥歯をかみ締めながら、そう心に決めた。

気持ち良さそうに歌う友人と暑い日差し気持ち良さそうに歌う友人と暑い日差し

レフも、めちゃくちゃ夢中になってしまうけれど、また極め付けと言うくらい好きなのがトイカメラだ。
4000円あればちっちゃいトイカメラが気軽に持てるし、SDがあるならPCですぐに見れる。
現実味や、その一瞬を撮るには、一眼が向いていると、思う。
ところが、漂う情緒や季節の感覚を写す時には、トイカメには何にも負けないと思案する。

自信を持って自転車をこぐ彼女とあられ雲
少し前、体の状態が悪いのに、偏った食事と、眠りの具合が変だったので、シミが多かった。
嫌だなあと考え、食生活を送り、肌ケアに良い事をやってみようと周りの意見を聞いた。
根強く崇拝されていたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
しばらくたった今でもしょっちゅう飲んでいる。
れもんよりも肌に必要なビタミンCが豊富に入っているらしい。
体調と美しさは何と言ってもビタミンから作りだされるのかもしれない。

気分良く踊るあいつと横殴りの雪気分良く踊るあいつと横殴りの雪

笑顔って綺麗だなーと思うので、なるべく笑顔で過ごせるように心がけている。
一応、場所と状況と考えて。
でも、他人に強引に押し付けてはダメ。
つまり、一括では言えないが、自身の価値観として。
先程までシリアスな顔で必死で仕事していた人が、笑った瞬間。
すごーく大好き。
笑いじわある人が大好き!とよく言う友達。
その気持ちも分かるかもしれない。

蒸し暑い週末の早朝に昔を思い出す
江國香織さんの小説に登場する主人公は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
旦那さん以外との恋愛を悪としない。
恋の一種ではあるが、本当に好きなのは旦那様だけのたった一人。
このような女性が多々いるような気がします。
不倫を陰だと考えれば、旦那さまは陽。
たまに別人が入ったように陰が登場する。
結婚以外での恋愛に関する善悪の区別は置いておいて、登場する登場人物をしっかりみつめる。
自分の中に新しい恋や価値観が姿を見せることもたまにある。

Copyright (c) 2015 奇術師が一人遊びすると拍手喝采 All rights reserved.

●メニュー