「剣士」のこと嫌い?好き?それぞれあるかもだけど、必ずしも悪くないよね、「秘めた想い」は。そう感じたりしない?

奇術師が一人遊びすると拍手喝采

「剣士」のこと嫌い?好き?それぞれあるかもだけど、必ずしも悪くないよね、「秘めた想い」は。そう感じたりしない?

ページの先頭へ戻る

余裕で叫ぶあなたと草原余裕で叫ぶあなたと草原

このごろ、小説をぜんぜん読まなくなった。
大学の頃は、かかさず読んでいたけれど、近頃、仕事があるし、小説を読む時間をとりにくい。
もし時間があったとしても、ゆっくりと小説をじっくり読むという心になかなかなれないので、見ていたとしても楽しく感じられない。
しかし、かなり楽しめる小説に10年ぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がすごく好きだから、二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みに近いものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
しかし、次世代の光っている新人小説家がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
ただ、純文学なのだからと無理に分かりにくい言葉を並べているけれど内容が伝わりにくいものも多いから残念だ。

雲の無い木曜の夕暮れに歩いてみる
MCで有名な人が電撃引退するので、ネットやニュースでたっぷりやっているが、めちゃめちゃすごい!!。
また変わる国の首相がどの人に決定するかという話より報道でも順番が先ですからね。
どなたが首相になっても変わらないって考えるのもとてもいますし、それよりは某芸能人が芸能界を引退発表というほうが何かしら影響がでそうなんですかね。

曇っている祝日の午前に熱燗を曇っている祝日の午前に熱燗を

育った地域が違うと食べるものや文化が違うのを二人で生活しだしてからものすごく分かることになった。
ミックスジュースシェイクしようかと家内から急に言われ、ミックスジュースを買っていたのかなと考えたら、作るのが一般的みたいだ。
ミカンやパイナプルとその他もろもろとアイスを投げ入れて、普通の牛乳をさらに入れて家庭用のミキサーでシェイクして出来上がり。
家庭でつくったものを味わい飲んだのは初めてだけれど、しかし、とってもうまかった。
美味だったし、くせになって、俺もやっている。

悲しそうに体操する兄さんと冷たい雨
急速にインターネットが必需品になるとは、当時子供だった自分にはよくわからなかった。
品物を売る商売の人はこれから先競争化が進むのではないかと思う。
ネットを使って、一番価格の低い物を探すことが不可能ではないから。
レースが激しくなったところで、頻繁に目立つようになったのが集客アップを目的にしたセミナーや情報商材だ。
今は、成功するための方法が売れるようにな時代で、何が何だかピンとこない。
手段が目的になってしてしまいそうだ。

騒がしく吠える友人と暑い日差し騒がしく吠える友人と暑い日差し

たいそう甘いおやつが好きで、スイーツなどを自作します。
普通に手で一生懸命混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作っていたのだけれども、最近、ホームベーカリーで作ってみたら、大変楽でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養がとれるようにもしています。
砂糖やバターがちょっとでもニンジンやかぼちゃの甘味があるから、好んで口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子という表現もメディアで言っているからごくふつうだけども、学生の頃は、お菓子を自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、お菓子をつくる男の子が多いねとも言われてそれも寂しい。

のめり込んで話す彼と月夜
今晩は家族と外で食べる事になっているので、少年は行く前からワクワクしていた。
何を食べようかな、と夕方にはいろいろとシミュレーションしていた。
スパゲッティにピザ、ポテトフライやから揚げ、などなど、メニュー一覧には何があるのかと想像していた。
行く場所は近所のファミリーレストランだ。
お父さんの運転する車は、じきにお店の駐車場に到着する。
お母さんは助手席から外の景色を見ている。
お姉ちゃんは少年の隣で、携帯電話をいじっている。
少年は車から降りると駆け出して、ワクワクしながら、店の入り口を誰よりも先に開けた。

凍えそうな日曜の明け方は足を伸ばして凍えそうな日曜の明け方は足を伸ばして

大学生のころよりNHKを見ることがすごく多くなった。
昔は、親や祖父母が視聴していたら、NHK以外のものが視聴したいのに思っていたが、ここ最近は、NHKを好んで見る。
楽しい番組がとても少ないと考えていたのだけれど、最近は、年配向け以外の番組も多くなったと思う。
それに加え、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
それ以外に、暴力的でないもの番組や娘に悪い影響がたいそう少ないものがNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
民放では、アンパンマンですらたいそう攻撃的に見える。
毎回殴って終わりだから、子供も真似するようになってしまった。

気分良く口笛を吹く家族と電子レンジ
喜んでもらえるおくりものを思いつかなくてはと思っている。
結婚記念日がもうすぐで、妻に喜ばれるおくりものを渡したいとは言ってもめっちゃ良いおくりものがうかばない。
妻になんか欲しい物があれば、話は早いが、たいして、欲しがるものが存在しないので、欲しい物が思いうかばない。
だが、見つからない様に気に入りそうなものを考えて驚かせて喜ばせたい。

悲しそうに泳ぐ彼女と月夜悲しそうに泳ぐ彼女と月夜

1年前から、九州の南に住むようになって台風をとても気にかけることになった。
被害が全然違うからだ。
長崎に住んでいたことも千葉に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の強さが全く違う。
サッカーのゴールが転がっていくと話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、事実だった。
超大型台風が直撃した後は、ヤシや大きな木は道に倒れ、海の横の道路は海からのゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海沿いの民家では、車のガラスが割れたり、民家のガラスが割れ、天井が飛んだりと本当かと考えていたようなことを見た。
直撃せずにかすめていくだけでも風は大変強く、古い家にいると家のきしむ音が非常に心配してしまう。

雲の無い金曜の昼にひっそりと
旅行でも出張でも、韓国への渡航回数が多い。
縁があるのは、港町である釜山。
観光ももちろんだが、女性は韓国製化粧品やネイル用品など興味を持っている方も多いと思う。
この国では見かけへのこだわり、つまり自分磨きへの熱は素晴らしいといわれる。
就職や、結婚の際に、日本に比べてあからさまに判断される傾向が多々ある。
自然と、韓国で発売されるスキンケアは、成分が日本の物より多く含まれているらしい。
そのため、合う合わないは出てくるものの、結果は期待してもいいだろう。

Copyright (c) 2015 奇術師が一人遊びすると拍手喝采 All rights reserved.

●メニュー