「100%ジュース」について、どのように感じているかな。「罠」とは、みんなにはどのように認識されているのだろうか。べつに考察してみるわけじゃないんだけどね。

奇術師が一人遊びすると拍手喝采

「100%ジュース」について、どのように感じているかな。「罠」とは、みんなにはどのように認識されているのだろうか。べつに考察してみるわけじゃないんだけどね。

ページの先頭へ戻る

ひんやりした仏滅の深夜に料理をひんやりした仏滅の深夜に料理を

求められて、知り合いの所有地のモウソウダケの伐採を助勢していたけれど、しかし、高すぎる竹が大変うじゃうじゃ生えていてきつかった。
山の持ち主が山の管理を父親から受け継いだら、大きな竹が密度がぎっしりとして、伐採しても運び出しづらかったらしい。
私たちは、仕事で使う新しい竹が欲しかったので、もらえることになり、タイミングが良かったが、密集した竹やぶの里山から出すのもつらかった。

月が見える金曜の明け方は昔を思い出す
御盆でも故郷から離れて生きているとほとんど意識することがないが、せめて、仏壇へのお菓子くらいはと思い本家へ買って送った。
生家に暮らしていたら、線香を手にして祖先の受け入れに行って、お盆やすみのラストにお見送りに行くのだが、別れて生きているので、そうやることもない。
周りの方々は、線香を握って墓所に出向いている。
そういうありさまが目に入る。
日常より墓のあたりの道路には様々な乗用車が停車していて、お参りの人もすごく多く目にとびこむ。

雨が上がった水曜の夕暮れにお菓子作り雨が上がった水曜の夕暮れにお菓子作り

少年は夜中の3時に起きてしまった。
夏休みもすでに10日程度たった夏の夜だった。
あまりの暑さに目が覚めてしまったのだ。
せんぷうきは部屋の空気をかき混ぜているだけで、ちっとも涼しくない。

眠れないし、お腹も空いたので、少年は大好きなカレーを作る事にした。
冷蔵庫の中を確認し、肉と野菜を切りそろえ、炒め、そして煮込んだ。
夜が明けるころには、家中にスパイシーなカレーの匂いが広がっていた。

前のめりで大声を出す彼女と月夜
明日香は、学校ですぐに打ち解けた友達だ。
明日香ちゃんの長所は、受け入れの幅が広くて、小さなことは、気にもしていないところ。
私の方から、友達になってと話かけたそうだが、たしかに、そんな気がする。
話すと、ほとんどの事が小さくなるので、とても心が軽くなる。
細身でスレンダーなのに夜、おなかがすいてハンバーグを食べに車を走らせたりするらしい。

曇っている木曜の夜は窓から曇っている木曜の夜は窓から

社員で働いていた時の先輩は、社長の娘で、これぞお金持ちだった。
痩せてて可愛らしくてテンションが高い、動物を愛する先輩。
愛護サークルなど立ち上げて、そこそこ活躍を行っている様子。
毛皮反対、ビーガン、動物実験反対。
一回、部屋にお邪魔したことがある。
高級住宅地にあるマンションの最上階で、皇居が見えていた。
先輩は、可愛くて上品な白い猫と一緒に住んでいた。

笑顔で自転車をこぐ彼と月夜
とある真夏の昼。
少年は外で、アリの行列が死んだ虫を運ぶところを注意深く観察していた。
蟻たちはせっせと働いているのだけど、虫の死骸一つでこんなに大勢の蟻がいたって、意味が無いんじゃないのかと、少年は首をかしげた。
少年は、アリ達が運んでいる虫の死骸を指ではじいたらどうなるだろう、という欲求が湧いてきた。
でも、今回はだまって見守ることにした。
暑い夏の日だったので、少年の汗は顔中からあふれ、雫となって地面に落ちた。

風の無い木曜の日没は昔を思い出す風の無い木曜の日没は昔を思い出す

喫煙は体に害がある。
と、指摘されても購入してしまうものらしい。
新入社員の頃、仕事の関係で知り合った旅行会社の専務の年配の方。
「身体が元気なのは、煙草と日本酒の力です」なんて明るく話していた。
胸を張って言われると、無駄な脱ニコチンは無しでもいいのかもしれないと感じる。

雨が上がった休日の夕方に歩いてみる
日本は、多くの祭りがあるだろう。
この目で確認したことはないけれどじゅうぶん知っている祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
ゴージャスな彫刻をした、笠鉾と屋台の合計6基。
秩父祭り会館を見た日に、画像や実物大の物を見せてもらった。
寒い12月に行われるので、冬祭りとも呼ぶようだ。
実際に見たい祭りの一つなのである。
まもなく開かれているのは、福岡県福岡市のほうじょうやが有名で、生き物の生を奪う事を制限する祭り。
昔は、この祭りの間、魚釣りも禁止されたという。
伝統的な祭りも大事だが、私はりんごあめも同様に好きである。

凍えそうな土曜の深夜は冷酒を凍えそうな土曜の深夜は冷酒を

梅雨もようやく明け、今日蝉の鳴き声を聞いて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と感じた。
あと10日ほどで夏休みという日曜のお昼前、少年は縁側で入道雲を見ながらアイスクリームを食べていた。
頭上では風鈴がときおり小気味いい音を立てていた。
いつにも増して暑い日で、太陽が少年の座った足を照りつける。
少年は半ズボンだった。
頬を伝って汗が流れ、アイスもとろけてきた。
少年は、近所にある市民プールのオープンを待ち焦がれていた。

よく晴れた日曜の夜にお菓子作り
午前中、時間に余裕が持てたので、HMVに来店した。
新しくウォークマンに入れるミュージックを探すため。
ここ最近、しょっちゅう楽しんだ曲が西野カナさん。
いつも習慣になっているのが洋楽。
ヨーロッパの音楽も魅力的だと思っている。
と思い、今回借りたのは、フレンチポップだ。
甘いヴォイスとフランス語が良い感じだと思う。

自己破産をする前に、弁護士や司法書士に相談してみよう
自己破産を考えている人、まずは弁護士・司法書士に無料相談してみませんか?自己破産の他の取れる道が開けるかもしれません。
Copyright (c) 2015 奇術師が一人遊びすると拍手喝采 All rights reserved.

●メニュー